アクアサニターの特長

医療用(歯科医用など)としても使用可能な強力な除菌効果

アクアサニター(微酸性電解水)の除菌力は、次亜塩素酸ナトリウムの80倍も強力。サルモネラ菌やカビなど、ほとんどの菌が約1分間で完全に除菌され、サッと水に戻ります。細菌だけでなく、インフルエンザウィルスをはじめとするウィルスなどもすばやく分解・除菌します。しかも除菌力は絶大で、エタノールや次亜塩素酸ナトリウム製の一般的な消毒薬では効きにくい、胞芽菌をも短時間に除菌する力を持っています。

アクアサニターの除菌力

アクアサニターの殺菌効果

微生物 処理前(CFU/ml) 処理後(CFU/ml)
大腸菌(O-157:H7) 6.0×106 <1
サルモネラ(Sal.enteritidis) 3.8×106 <1
ブドウ状球菌(S.aureus) 9.9×105 <1
黒カビ(Cladosporium sp.) .0×104 <1
酵母( Candida albicans) 8.8×104 <1
緑膿菌(P.aeruginosa) 1.5×106 <1
細菌芽胞(B.subtilis) 6.0×105 <10

※細菌芽胞は30分、他は1分処理
※処理水:塩素濃度10ppm pH6.2

素肌と同じpHなので取り扱いが簡単

pH5.0~6.5の素肌にやさしい微酸性。除菌力の高い薬剤は危険性も高いというのが一般的ですが、アクアサニター(微酸性電解水)は有機物に接触すると即分解して水になるので、取り扱いが簡単で安全。もちろん手荒れもなく、人と地球環境に優しい除菌水です。お子様やペットへの影響もありません。 塩素濃度とpHは、食品添加物の指定範囲内です。 有効塩素濃度:10~80mg/kg (ppm) pH:5.0~6.5。

アクアサニターのpH

アクアサニターの有効成分(HCIO)の割合

phの違いによる次亜塩素酸(HCIO)の割合

食品にも使える除菌水なので人にも環境にも安全

厚生労働省から食品添加物として認定を受けた除菌水なので、直接食べ物にかけてそれを摂取しても、人体に全く問題ありません。学校給食の調理現場での使用が許可されています。また、インフルエンザウィルス、ノロウィルス、多剤耐性菌、新型ウィルスにも効果的です。臭いもなくインフルエンザ予防やウィルス対策に最適です。
※飲用ではありませんが、飲んでも人体に全く影響はありません。

うがい

うがいによる口腔菌数の減少

うがい水 歯磨き有(朝食後) 歯磨き無(昼食後)
水道水 アクアサニター 水道水 アクアサニター
1回 9.0×105 1.0×105 5.8×105 3.0×105
2回 1.1×105 0 9.0×104 7.1×102
3回 1.1×105 0 9.0×104 4
4回 1.2×105 0 8.0×104 0
5回 1.1×105 5 8.6×104 0

※うがい水20mlを口に含み10回「クチュクチュ」をし、SPCで菌数測定。
※アクアサニター(微酸性電解水):有効塩素濃度 16-17ppm、pH6.4-6.5

インフルエンザウィルス(NewCaledonia) に対する作用(新型インフルエンザウィルスと同型)

作用時間(分) TCID50/ml
コントロール(蒸留水) アクアサニター
0 1.3×106 1.4×106
0.5   <40
1   <40
5 1.3×105 <40

※インフルエンザウィルスA型(H1N1)に対する微酸性次亜塩素酸水の作用を調べるため、微酸性次亜塩素酸水にインフルエンザウィルスA / ニューカレドニア浮遊液を添加し、経時的にウィルスの感染価を細胞培養法で調べた。

出典:微酸性電解水の病原性細菌に対する殺菌効果および安全性 小宮山寛機:第1回微酸性電解水研究会講演集 P.7

エンテロウィルス71(手足口病の原因ウィルス)に対する不活性化作用

作用時間(秒) TCID50/ml
蒸留水 アクアサニター
0 1.0×106 1.0×106
10 1.5×106 0

※エンテロウィルス71(手足口病の原因ウィルス)に対する不活性化作用。
※アクアサニター水に浮遊した場合のウィルス感染力価は10秒間で1/10,000以下に減少した。
出典:21世紀の衛生対策への新しいアプローチ/微酸性次亜塩素酸水
冨田守:中国予防医学会(北京,2010)

ノロウィルス代替ネコカリシウィルスに対する不活化効果

ウィルス液 試験液 ウィルス活性
5秒後 15秒後 30秒後
ウィルスのみ アクアサニター(20ppm、pH6.5)
アクアサニター(10ppm、pH6.5)
精製水
有機物(培地成分が混じったウィルス) アクアサニター(20ppm、pH6.5)
アクアサニター(10ppm、pH6.5)

※-(マイナス)はウィルスが死滅した状態、+(プラス)はウィルスが生き残っている状態を示す。
出展:中村悌一 第5回微酸性電解水研究会講演集(2010年)

高い消臭力と保存性

アクアサニター(微酸性電解水)をアンモニア臭に噴霧すると、瞬時に消臭され、水と臭いのない物質に分解されます。
【消臭効果が認められたもの】
部屋の臭い/ペットの臭い(オシッコ・ウンチ等)/車内の臭い/香料等/体臭(汗・ワキガ等)/タバコ臭/トイレ臭/足や靴の臭い

消臭効果
商品情報
商品情報

▲ページトップ